マンションから戸建に住み替えたい!まずは何したらいい?

2023-09-07


マンションから戸建に住み替えたい場合、まずは何から始めたらよいのでしょう?
住み替えには一般的に2パターンあります。
どちらにするのかによって手順が変わってくるんです!

売り先行と買い先行

住み替えには住んでいる家を先に売却して次に住む家を探すか、先に住む家を探してから今までのを売却するかの2パターンがあります。
住んでいる家を先に売却して次に住む家を探すことを【売り先行】といい、逆に先に住む家を探してから今までのを売却する方法を【買い先行】といいます。
それぞれの違いを見ていきましょう。

売り先行
メリット
・不動産を売却してから購入ができるため、資金繰りが楽になる
・2つの物件を同時に保有しなくて良いため、維持費の負担が軽くなる
デメリット
・売却と購入のタイミングが合わないと仮住まいが発生する
・住みながらの売却するため、掃除等も必要で売りにくい場合もある

買い先行
メリット
・仮住まいは発生しないため、引っ越しが一回で済む
・空き家にしてから売るため、物件の写真も撮りやすく売れやすい傾向にある
デメリット
・売物件に住宅ローンが残っていると二重ローンとなってしまう
・しばらく売却物件と購入物件の2つで維持費が発生し費用がかさむ

一般的に、金銭面を考慮すれば先に売却し、売却代金をローン返済や購入資金に当てられる「売り先行」がおすすめされています。
売り急ぐ必要がないため価格交渉を有利に進めやすく、住宅ローンの二重払いを防げるなどのメリットがあるためです。
しかし、注文住宅を建てる場合には完成までに時間がかかるため、買い先行をおすすめします。
仮住まいでの生活が長くなり、費用がかさむ場合があるからです。
資金に余裕がある場合や次の物件によって手順が変わるため、事前に計画を立てておきましょう。

マンションの売却、戸建の購入にかかる費用

住み替えでは、売却で得た資金を全額住宅の購入に使えるわけではありません。
様々な手数料がかかってきます。ここでは大まかなものをご紹介します!

マンションの売却
・仲介手数料
・印紙税
・登記費用
・住宅ローンを一括返済するための手数料
・譲渡所得税

戸建ての購入
・申込証拠金
・手付金
・固定資産税と都市計画税
・仲介手数料
・印紙税
・不動産取得税
・住宅ローンの借入費用
・登記費用

これらの金額についても考えながら、資金計画を立てなければなりません。

戸建のメリットとデメリット

戸建に住み替える際のメリットとデメリットをご紹介します!

メリット
・隣家と距離が離れていて生活音を気にせず住める
マンションから一戸建てに住み替えて、もっともメリットを感じやすいのが隣家と距離が離れていることです。
子どもの足音や声、楽器の音などの生活音を気にせずのびのびと暮らせます!

・毎月のコストが不要になる
マンションでは必須だった管理費や修繕積立金といった毎月のランニングコストが不要になります。
特に修繕積立金は、長期修繕計画に従って数年ごとに金額が上がることが多いので、長期的には毎月の負担が大きくなる傾向があります。
戸建てでも建物や設備の修繕に必要な資金の準備は必要ですが、自分の都合で資金を準備することができるので、毎月負担する必要はありません。また、戸建ての場合、敷地内に駐車場が付いている物件を選べばもちろん駐車場代も不要になります。

・理想の暮らしに近づけることができる
マンションでは、窓や玄関といった外部と接する部分の改装や敷地内に増築するといったことはできません。室内のリフォームについても規約による制限があるため、自由にリフォームすることはなかなか難しいことが多いです。
ある程度敷地が広ければ、庭を持つ楽しみを味わえます。花や緑を育てたり、家族や友人とバーベキューを楽しんだり、あるいは子どもの遊び場を設けたりなど、マンションではできない楽しさが味わえます。
大型犬と一緒に暮らしたり、広い庭ならドッグランを作ることも夢ではありません!

デメリット
・セキュリティーを強化する必要がある
マンションだとオートロックや防犯対策がされている場合が多く、高層階であればさらに防犯面では安心ですが、戸建にすむとなるとホームセキュリティシステムを導入する必要があります。
最近ではオートロックやカードキーの家も増えています。

・修繕費は自己管理になる
マンションから戸建に住み替えれば毎月かかる修繕積立費用は不要になりますが、その分自分で計画的に費用を積み立てるか用意しておかなければなりません。急な修繕が必要になった場合も自分で支払わなければいけないので注意が必要です!

・地域の自治体や近所づきあい必要になる場合もある
戸建ては、近所付き合いで悩まされることがあります。
地域の住人同士でゴミステーションの管理をしたり、掃除当番が回ってきたりする場合があります。
戸建ては、住人同士のトラブルは発生しやすいといえます。

戸建てに引っ越す前は、ゴミ置場のルールなどの地域の決まりについてもしっかり確認しておくことがポイントです。


住み替えのタイミングは?

ここまでご紹介しましたが、実際はどんなタイミングで住み替えることが多いのでしょうか?

・家族構成・生活が変化するとき
お子様が生まれ、遊べるスペースや収納が必要になったタイミングでの住み替えです。
通勤のしやすさ、公園やスーパーの充実、小学校・中学校に通うようになったときの通学路を重視して立地を選ぶことが多いようです。
お子様の成長で自分の部屋を欲しがったというケースもあります。

・収入が増えたとき
収入が増えたタイミングでも住み替えを検討する人が増える傾向があります。
住宅ローンを利用しやすく、返済にも余裕が出てくるので、戸建てを購入しやすくなるためです。

・転職を機に住み替え
マンションを先に手放し、土地を購入して注文住宅を建てたというケースもあります。
中古マンションより土地の価値があまり変わらない一戸建てを選んだ。

不動産のご売却はハウスドゥ沼津香貫へ

中古マンションから戸建へ住み替える方は、かなり多くいらっしゃいます。
売却査定によって、思ったより住んでいるマンションが高値で売れることを知り、住み替えを検討したという方もいました。
まずは無料の不動産売却査定でお家がいくらで売れるのか確認してみましょう!
ハウスドゥ沼津香貫は沼津市を中心とした静岡県東部の不動産売却を承っております。売却実績も豊富ですので売却についてのご相談もお気軽にお問い合わせください!



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-722-778

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ