【不動産売却】囲い込みって知ってますか?

2023-07-01


みなさんは『囲い込み』という言葉を聞いたことがありますか?

囲い込みとは、
不動産の売却を依頼した不動産会社への他社からの購入希望者紹介に対し、

「商談中です」
「申し込みが入っています」

などと噓をつき、他社からのお客様紹介を断ります。
これは、不動産会社の利益の為だけのものであり、売主様の物件が売れるチャンスを少なくする不動産業界ではやってはいけないものとされています。
不動産を売却するお客様が囲い込みされないためにも、皆様に囲い込みについてご紹介していきます!

囲い込みとは

本来、売主様から不動産売却の仲介を依頼された不動産会社は、売主様の利益を確保するために大臣指定のデータベース指定流通機構(レインズ)に物件情報を登録し、不動産業界全体で情報共有し、できるだけ早く買主が見つかるように努めなければなりません。

囲い込みは、両手仲介をすると売主様と買主様の両方からもらえる仲介手数料を目的として行われているものです。
両手仲介・片手仲介についてご紹介します。

両手取引と片手取引

両手取引
不動産の売却を依頼されたA社直接買主様を見つけて取引が成立すると、
売主様買主様から仲介手数料をいただくことができ、A社の収益は2倍になります。
これを「両手取引」と言います。

片手取引
不動産の売却を依頼されたA社別の不動産会社B社買主様を見つけて取引が成立すると、
A社は売主様から仲介手数料をいただき、B社は買主様から仲介手数料をいただきます。
これを「片手取引」と言います。

不動産会社にはいる手数料は、両手取引になると片手取引の2倍になります。
そのため、囲い込みをして両手で仲介手数料を増やし、利益を増やそうとする不動産会社が出てくるのです。

囲い込みのデメリット

囲い込みをしている会社は、不動産の売り出し価格の値下げを提案してくる傾向があります。
値下げをしたら不動産売却時不動産会社の利益が減り、損をするかと思いますが、囲い込みをする不動産会社はそうではありません。

例えば、本来5,000万円で売却できる物件を
片手取引で5,000万円で売却した場合
両手取引で値下げ提案されて4,500万円で売却した場合を比較してみます。

片手取引で5,000万円で売却した場合
5000万円×3%+6万円=156万円 となりますが、

両手取引で値下げして4,500万円で売却した場合
4500万円×3%+6万円=141万円
これを売主様と買主様の両方から、つまり2倍「282万円」の手数料が入ります。

実質販売価格が下がっても、2倍の手数料が入るので業者にとっては痛くも痒くもありません。
買い手が見つからず値引きして困るのは、実質売主だけなのです。

囲い込みの見分け方

不動産の売却を依頼している会社からの内覧予約しかない場合や、しきりに値下げの話を持ちかけられる場合は、他の不動産会社を通して自分の物件に問い合わせてみましょう。
もし囲い込みをされていたら、「すでに商談中です」などの回答があるはずです。
囲い込みをされていなかった場合には、「売り出し価格が相場より高い」などの理由で反響が少ないという場合もあります。

不動産会社の人間であれば、どの会社が囲い込みをするか知っている場合もあります。
信頼できる不動産会社に助言を求め、早めに囲い込み対策をしましょう。

ハウスドゥ沼津香貫は、沼津市を中心とした静岡県東部の不動産売却を承っております。
不動産についてのご相談はハウスドゥ沼津香貫へお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-722-778

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ