売却しても住み続けられる【リースバック】って何?


物件売却後も住み続けられる?リースバックについてご紹介!


不動産の売却方法について、買取・仲介があることをご紹介いたしましたが、それ以外にも「リースバック」というものがあります。
今回は、ハウスドゥでも取り扱いのある「リースバック」について詳しくご紹介します!

リースバックとは


リースバックとは、家やマンションを不動産会社などに買い取ってもらい、売却した物件に賃貸借契約を結んでそのまま住み続けられる制度のことです。
簡潔にまとめると、「売却した家に家賃を払って住む」ということです。
物件を売却しても、引っ越しなどをせずにそのまま住み続け、売却によってまとまった資金を手にすることができます。
リースバック会社によりますが、将来的に売却した物件を再購入することも可能な場合が多いです。


リースバックを検討するのはどんなひと?


・お子様の進学の為のまとまった資金が必要
・老後の資金が不安なため、資金を確保しておきたい
・自宅を売却してローンを解消し、住み続けたい

物件の売却を検討しているお客様で、「リースバックも気になるんだけど…」というお問い合わせをいただくことも少なくありません。
リースバックのメリット・デメリットをご紹介します。


リースバックのメリット・デメリット


メリット
・まとまった資金が手に入る
・住み慣れは家にそのまま住み続けられる
・人に知られず売却できる
・固定資産税がかからない

一般的に不動産仲介で物件を売却すると、物件の住所や外観などの情報が公開され、ご近所や知人に知られてしまう可能性があります。
ですが、リースバックだと物件情報が公開されないため、誰にも知られずに売却できます。
さらに自宅を売却することによって、固定資産税がかかりません。
コストを大幅に削減できますが、修繕費等の負担が必要となる場合もありますので、契約内容を確認しておきましょう。

デメリット
・家やマンションの所有権を失う
・仲介での売却に比べると買取金額が低くなる
・家賃が相場より高くなることがある
・再購入する際に物件金額が上がっている可能性がある

売却後の家賃は、立地や築年数、売却価格、物件周辺の家賃相場によって、高くなる可能性があります。
リースバックでまとまった資金を得たとしても、家賃が高いと月々の支払いの負担になってしまいますので注意が必要です。


まとめ


不動産の売却方法は、今回説明したリースバックの他に、売却仲介という方法もあります。
売却は、すぐにまとまった資金が必要な方に向いていますが、仲介よりも売却金額が低くなります。
反対に、仲介だとリースバックや買取よりも高く売却できますが、長期的な販売活動になることが多いです。
仲介ですと物件に住みながら販売活動が可能ですが、いずれ退去することになるので引っ越し先を確保しておかなくてはなりません。

お客様の事情や物件によって、どの売却方法が適切なのか変わります
売却したいけどどうしたらいいか分からないという方は、一度不動産会社へご相談ください。

不動産買取、仲介はもちろん、リースバックも対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-722-778

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ