不動産を売却する際の流れとは?かかる期間や円滑に売却するポイントも解説

不動産を売却する際の流れとは?かかる期間や円滑に売却するポイントも解説

この記事のハイライト
●不動産を売却するときは、全体の流れを把握しておくと良い
●媒介契約と売却活動のポイントを押さえておくと、早期売却につながる可能性がある
●スピーディーに売却したい場合は、不動産会社が物件を買い取る「買取」もおすすめ

不動産はすぐに売れるものではなく、売却にはそれなりの期間がかかります。
できるだけ早く売るためには、売却の流れを把握するとともに、スムーズな売却につながるポイントを押さえておきましょう。
今回は不動産売却の流れやかかる期間について、売却のポイントとなる媒介契約や売却活動を踏まえながらご説明します。
静岡県沼津市を中心とした東部地域で不動産の売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れを確認しよう①全体の流れと媒介契約について

不動産売却の流れを確認しよう①全体の流れと媒介契約について

まず、不動産売却の全体の流れを確認しておきましょう。
不動産売却は、基本的に以下の流れで進みます。

  • 不動産の査定を受ける
  • 不動産会社と媒介契約を締結する
  • 売却活動を開始する
  • 買主が決まったら売買契約を締結する
  • 決済を終えたら物件を引き渡す

この流れの最初から最後までにかかる期間は、通常3か月から半年ほどだといわれています。
少しでも早く売却したいときは、売却の流れを把握して早めに行動することと、スムーズな売却につながるポイントを押さえることが大切です。
不動産売却の流れのなかで、スムーズな売却につながるポイントとなるのは、主に「媒介契約の締結」と「売却活動」です。
まず、媒介契約からご説明しましょう。

媒介契約とは

不動産を売却するときは、始めに物件の査定をして、不動産が売却できそうな金額である「査定額」が提示されます。
ご自身で調べた相場と比較するなど、検討したうえで査定額に納得できたら、次に不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約とは、不動産会社に仲介を依頼して買主を探すときに結ぶ契約です。
媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、それぞれ特徴が異なるため、売却する不動産によっておすすめの契約が変わります。

3種類ある媒介契約の特徴とは

一般媒介契約の主な特徴は、以下のとおりです。

  • メリット:複数の不動産会社と契約できる
  • デメリット:レインズへの登録と販売状況の報告が任意である

レインズとは、不動産会社だけが登録できるコンピューターネットワークシステムで、登録すると不動産の情報を拡散できます。
一般媒介契約は、いろいろな不動産会社に売却のサポートを依頼できる反面、レインズへの登録が任意であり、販売状況の報告義務もありません。
そのため、売却に時間がかかりそうな物件は他の媒介契約のほうが適しているでしょう。
「立地が良い」「比較的新しい」など、需要が見込めそうな不動産を売却する際に、自由度が高い契約を希望する方にはおすすめだといえます。
次に、専任媒介契約と専属専任媒介契約には、以下のような特徴があります。

  • メリット:レインズへの登録義務と販売状況の報告義務がある
  • デメリット:契約できるのは一社のみ

レインズへの登録は、専任媒介契約が契約締結から7営業日以内、専属専任媒介契約は5営業日以内と義務付けられています。
販売状況の報告頻度は、専任媒介契約が2週間に1回以上、専属専任媒介契約が1週間に1回以上です。
どちらも一社としか契約できませんが、報告義務があるため、不動産会社と綿密なコミュニケーションを取れるので安心感があるでしょう。
積極的に買主を探す必要がありそうな物件や、不動産売却に不安がある方などにおすすめです。

この記事も読まれています|相続した空き家の管理方法は?放置した場合のデメリットや解決策を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れを確認しよう➁期間に影響する売却活動について

不動産売却の流れを確認しよう➁期間に影響する売却活動について

不動産会社と媒介契約を締結したら、売却活動を開始します。
売却活動の基本的な流れは、以下のとおりです。

  • 不動産会社と販売戦略を立てる
  • 販売戦略に基づいて売却活動をおこなう
  • 購入検討者の内見に応じる

このように、不動産を売り出して買主を見つけることが売却活動であり、売却にかかる期間を大きく左右する部分です。
先ほど「不動産の売却にかかる期間は通常3か月から半年ほど」と述べましたが、買主が早く見つかれば3か月以内で完了できることがあるでしょう。
一方、買主がなかなか見つからないと半年以上かかることもあるので、売却活動の内容は重要なポイントになります。
売却活動では、以下のような活動をおこないます。

  • レインズへの登録
  • 物件情報をウェブサイトに掲載
  • チラシの作成や配布
  • 不動産会社の顧客などに宣伝
  • 内見の準備と対応

これらの売却活動のうち、内見以外の活動は主に不動産会社がおこなうので、売主は内見の準備をしておきましょう。
内見とは、購入検討者が物件を見学することです。
不動産購入の決め手になることが多々あるため、しっかりと対応することが大切です。
購入検討者に好印象を与えることが重要なポイントなので、掃除や整理整頓は徹底しておきましょう。
とくに、第一印象につながる玄関とチェックされることが多い水回りは、念入りに掃除しておくことがおすすめです。
内見当日は快適に見学してもらうことを考えて、換気や室温の調節などをするとともに、服装や対応にも気を配りましょう。
内見を終えて購入となった場合は条件交渉をおこない、合意できたら次の流れである売買契約へと進みます。

この記事も読まれています|相続した空き家の管理方法は?放置した場合のデメリットや解決策を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れを確認しよう③手続きごとにかかる期間について

不動産売却の流れを確認しよう③手続きごとにかかる期間について

不動産売却の全体にかかる期間は3か月から半年ほどですが、売却する流れのなかには時間がかかる部分とかからない部分があります。
不動産売却の流れに沿って、一般的にかかる期間の目安をご説明します。

不動産売却の各手続きにかかる期間の目安

一般的に、不動産売却の各手続きにかかる期間の目安は、以下のとおりです。

  • 査定を依頼してから媒介契約の締結まで:2週間~1か月
  • 売却活動開始から買主決定まで:1~3か月
  • 売買契約の締結から物件の引き渡しまで:1~2か月

不動産の査定から媒介契約の締結までは、比較的スムーズに進みます。
売買契約の締結から物件の引き渡しまでも、1~2か月以上かかることはそれほどないでしょう。
不動産の売却にかかる期間に大きく影響するのは、売却活動開始から買主決定までの流れです。
先述したように、買主がすぐに見つかるかどうかによって、不動産売却にかかる期間が大きく変わります。

不動産売却にかかる期間を短縮するためのポイント

買主を早く見つけて、不動産売却にかかる期間を短縮するためには、以下の3点がポイントになります。

  • 不動産に適した媒介契約を選ぶ
  • 内見のポイントをしっかりと押さえる
  • 不動産会社に買取を依頼する

1つ目は、適切な媒介契約を選ぶことです。
たとえば、最寄り駅から離れている不動産を売却するときに一般媒介契約を選ぶと、買主がなかなか見つからない可能性があります。
需要が高そうな物件以外は、専任媒介契約か専属専任媒介契約を選択したほうが良いでしょう。
2つ目は、不動産を購入する決め手になりやすい内見です。
好印象につながるように、先述したポイントを押さえながら、いろいろと工夫してみましょう。
そして、3つ目の「買取」とは、不動産会社が物件を直接買い取ることです。
不動産会社が買主になるので、売却活動をする必要がありません。
仲介よりも売却価格が安くなる可能性はありますが、売却にかかる期間を大幅に短縮できます。
弊社は買取のご依頼も承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

この記事も読まれています|相続した空き家の管理方法は?放置した場合のデメリットや解決策を解説

まとめ

不動産をできるだけ早く売却したいときは、売却の流れを把握してポイントを押さえておきましょう。
売却を急いでいる場合は、不動産会社による買取もおすすめです。
ハウスドゥ沼津香貫は、沼津市を中心とした三島市・裾野市・長泉町・清水町など静岡県東部地域の不動産売却を承っております。
仲介と買取のどちらのご依頼も承っておりますので、不動産の売却をお考えでしたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-722-778

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ